So-net無料ブログ作成

パイオニア PC-200 を聴く [試聴日記]

パイオニア PC-200  を聴いてみた。
PICT0512.JPG
このカートリッジは テクニカのOEM 供給らしい。
パイオニアのフルオートのカートリッジに付属していた。
このカートリッジ、ある方が非常に良いと誉めていた。
しかし、所詮 付属カートリッジだろ。
だまされたと思い、新品交換針で試聴
一聴して絶句、「高級カートリッジが裸足で逃げ出す」とどこかで聞いたことがあるフレーズだが
びっくりした、とにかくバランスが良い。
ブラインドテストしたら、値段を間違えるだろう。
しかし、見栄でこのカートリッジをリファレンスにすることはできない。
長岡氏が、値段が安すぎて売れなかったと言っていたことを思い出す。


少し誉めすぎかなと感じ、別固体で再度検証してみる。
P1010629.JPG
0210_1.jpg
誤認識ではない。このカートリッジは素晴らしい。MM型とは思えないサウンドだ。
ハイ、上がりのテクニカサウンドではない。バランスもいいし、定位もピタリと決まる。
テンションワイヤーの良さが出ている。せん


nice!(0)  コメント(5)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 5

向山 武

わたしもこのカートリッジを持っていたのですがベッドシェルの交換時うっかりして壊してしまいました。
そこで今このPC-200を探している所です。
もし、そちらで探す事が出来たら下記のアドレスへ御一報下さい。
take2140@jcom.zaq.ne.jp
当方が一番好きだったカートリッジだったのです。
とても透明度が高く、癖のない音質を出すカートリッジだと思っております。

by 向山 武 (2016-12-01 23:07) 

向山 武

再びPC-200を手に入れる。高級カートリッドもほどほど持っていますがこのカートリッジが一番。
pioneerの宣伝ではないですがほかのカートリッジは全く使っていない。一度視聴あれ。
by 向山 武 (2017-02-09 04:54) 

今村 悟

20以上昔のことです。
「SUREのV15タイプⅢの針はもうこれから販売しなくなる」
とのオーディオ店員の一言にのせられ購入したのがJICO製SAS針。
これにはテンションワイヤーが採用されておりました。
つい最近JICO製のものを購入しましたが音がちがう。
問い合わせると「昔はボロンのカンチレバーがだったが今は手に入らないから・・。」
加えてテンションワイヤーもやめてしまったようでした。
そこでNeoSASを購入。こちらはサファイヤカンチレバーにテンションワイヤー。これはこれで纏まりがあり価格並みの音。
だが、以前のボロンの音とは異質。
CDにない魅力がアナログの真骨頂。
手元にあるのがPN-200で、これが少しドンシャリですが素晴らしい音を奏でてくれます。
「ボロンにテンションワイヤー」のキーワードで、
もしほかに機種があったら試してみたいと考えております。
ご存知のお方がおられましたら教えていただけませんでしょうか。
よろしくお願い申し上げます。

by 今村 悟 (2017-03-28 22:03) 

今村 悟

追記
針PN-200は中古を含め7本
本体PC-200は針と一緒になっているものもあるので3個
以上をため込んでおります。
他機種も多々あるので、私一代生きている間はこれでなんとか持ちそうです。
でも、ほかに「ボロンにテンションワイヤー」の機種をご存知でしたら、下記までご何卒教示をお願い申し上げます。
meisindho@ybb.ne.jp


by 今村 悟 (2017-03-28 23:06) 

en_ide

ボロン&テンションワイヤーは
MM なら EPC-205CMK3 が有名で非常にフラットなサウンドです。
ボロンも無垢とパイプがあります。
テクニカ以外はだいたいパイプだと思います。
ボロンは硬くて脆い、しかも、腐食もある。
グレース F-8、テクニカ AT-3 ダンパだけで支える構造ですが、素晴らしいサウンドです。
テンションワイヤも良し悪しです。
個人的にはベリリュームが一番だと思いますが
毒性も問題から、二度と使われることはないでしょう。
AT-160ML の交換針を再生産して欲しいです。

by en_ide (2017-04-01 00:19) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0