So-net無料ブログ作成
検索選択

パイオニア PC-200 を聴く [試聴日記]

パイオニア PC-200  を聴いてみた。
PICT0512.JPG
このカートリッジは テクニカのOEM 供給らしい。
パイオニアのフルオートのカートリッジに付属していた。
このカートリッジ、ある方が非常に良いと誉めていた。
しかし、所詮 付属カートリッジだろ。
だまされたと思い、新品交換針で試聴
一聴して絶句、「高級カートリッジが裸足で逃げ出す」とどこかで聞いたことがあるフレーズだが
びっくりした、とにかくバランスが良い。
ブラインドテストしたら、値段を間違えるだろう。
しかし、見栄でこのカートリッジをリファレンスにすることはできない。
長岡氏が、値段が安すぎて売れなかったと言っていたことを思い出す。


少し誉めすぎかなと感じ、別固体で再度検証してみる。
P1010629.JPG
0210_1.jpg
誤認識ではない。このカートリッジは素晴らしい。MM型とは思えないサウンドだ。
ハイ、上がりのテクニカサウンドではない。バランスもいいし、定位もピタリと決まる。
テンションワイヤーの良さが出ている。せん


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

向山 武

わたしもこのカートリッジを持っていたのですがベッドシェルの交換時うっかりして壊してしまいました。
そこで今このPC-200を探している所です。
もし、そちらで探す事が出来たら下記のアドレスへ御一報下さい。
take2140@jcom.zaq.ne.jp
当方が一番好きだったカートリッジだったのです。
とても透明度が高く、癖のない音質を出すカートリッジだと思っております。

by 向山 武 (2016-12-01 23:07) 

向山 武

再びPC-200を手に入れる。高級カートリッドもほどほど持っていますがこのカートリッジが一番。
pioneerの宣伝ではないですがほかのカートリッジは全く使っていない。一度視聴あれ。
by 向山 武 (2017-02-09 04:54) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: