So-net無料ブログ作成
検索選択

カートリッジをまとめて聴く その69 [試聴日記]

① Lo-D MT-24 一体型
P1040336.JPG
0729-3.jpg
 MT-24 と ビクターZ-1S はボディは共通で上側のモールドが異なるだけだ。
 グランツからのOEMである。針の互換性は問題ない。隙間が開く。機能には問題ない。
 レンジはそれほど欲張っていないが力強い低域とフラットで癖の無いサウンドだ。

② SONY XL-25
P1040337.JPG
0729-4.jpg
 XL-15 の上位モデルで、スタイラスチップに楕円ダイヤモンドを採用している。
 音は鮮烈で、ワイドレンジ XL-15 とは差を感じさせる。

③ テクニクス 一体型カートリッジ EPC-271CS
P1040338.JPG
0729-5.jpg
 EPC-270 のヘッドシェル一体型カートリッジ、フラットなサウンドで癖がない。
 標準的サウンドの見本といった感じだ。


④ オルトフォン M-15 Super
P1040360.JPG
0730_1.jpg
 交換針はナガオカの互換品だ。M-15 はMI型であり、後の VMS型の原型となるシリーズだ。
 非常に元気の良いサウンドを聞かせる。

⑤ パイオニア PC-110
P1040361.JPG
0730-2.jpg
 いわずと知れたベストセラーだ。中級機のプレヤーのカートリッジはみんなこれだった。
 音は中庸で、レンジは欲張っていないが安心して使える。



⑥ ELAC STS-455E
P1040500.JPG
0806_1.jpg
  このカートリッジは、日本製には持っていない良さ(特徴)を持っている。
  圧倒的な量感と決して嫌な音は聴かせない。
  刺激音たっぷりの TORTURE がまるで別物のサウンドに聴こえる。量感たっぷりだ。
  この手のカートリッジは日本製で聴いたことがないし、独特なサウンドだ。
  日本では、代理店の関係もあってあまり売ってすらいなかったし、雑誌も紹介には消極的だった。
  新潟でも、上京してからも量販店で売っているのを見たことはない。

⑦ ピッカリング DJ-150 本体はスタントン
P1040501.JPG
0806-2.jpg
  メリハリのあるサウンドだ。針は太く短めこの手のカートリッジも日本製では見当たらない。
  底すりしないかと心配になるが固めのダンパで特に問題はなし。

⑧ ピッカリング NP/AC
P1040502.JPG
0806-3.jpg
  こちらも出力電圧が大きく、非常にパンチの効いたサウンドとなっている。
  解像度よりも押し出し感、迫力を追求したサウンドのようだ。

⑨ スタントン 600EE
P1040504.JPG
0806-4.jpg
  低域の押し出しが良い、かなり下まで再生できているようだ。音の傾向的には STS-455 に通じるとことがある。
  更に高域のキラキラした感じも追加され、ややドンシャリなサウンドとなっている。

⑩ テクニクス EPC-1200U
P1040503.JPG0806-5.jpg
  メリハリも低域の量感もバランスが良い。
  本来の互換性はないが機能的にも問題ないどことか非常にバランスの良い優れたサウンドである。





nice!(2)  コメント(3)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 3

綿貫 一男

趣味が生かされて素晴らしいです。
やや先輩だと(俺は64歳です)存じますが、若い頃のレコードをデジタル化しています。ジャンルはアイドルや歌謡曲です。
レコード針が高くて参ります。

これは、気を悪くされたら御免なさい。

貴殿のヤフオクの紹介写真は背景が複雑で肝心の商品が良く見えません。でも、レコード針の針先はマクロレンズ使用でしょうか、大きく、くっきりと見えて状態がとてもはっきりと判ります。
by 綿貫 一男 (2016-08-02 12:47) 

ASCENDANT2012

小生のはサテン音響のMCカートリッジM-15LXです。CONIC針とシールが添付されています。出力電圧は0.8V。高音も低音も分解能は十分で、周波数帯域は聴感上もフラットです。ダイレクトにPHONO端子に接続しても雑音は皆無で、購入してから50年経ちますが現役です。比較の為にグレースのF-8Cもありますが、高域
がやや上がっています。FFTで計測しても両者の違いが明らかです。
by ASCENDANT2012 (2016-08-28 02:22) 

en_ide

サテンは、パンタグラフ構造のダンパが劣化してたりする固体も数多く遭遇しています。6割くらいは、ダメージを受けている気がします。
位置関係がとてもシビアですが、正常に機能する サテンのサウンドは素晴らしいと思います。
40年以上のカートリッジの健在ぶりも何度も確認しています。
設計者はノーメンテで40年使われることなど微塵も想像していなかったでしょう。

by en_ide (2016-09-04 15:13) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: