So-net無料ブログ作成

SHURE カートリッジの集中試聴 その12 [試聴日記]

SHURE のカートリッジをまとめて聴く。
P1100370.JPG
相変わらずの人気の TYPE III 悪くはないと思うがプレミアムがつくようなものでもないような...

① M72B
P1100372.JPG
0319_1.jpg
  M75 の派生機種のようだ。
  カンチレバーは特に太い。
  出力レベルが高い。メリハリに富んだヤング向けのサウンドだ。
  DJ向けといった感じのサウンドだ。

② M91GD
P1100374.JPG
0319-2.jpg
  75シリーズの上位機種のようだ。
  ①と比べるとレンジは広がっている。定位もいいし、音場も広い。
  マリーンの声も艶っぽい。
  値段の差は感じる。

③ M75B
P1100376.JPG
0319-3.jpg
  ②と比べるとパンチの効いたサウンドというか、かなり明るめのサウンドだ。
  レンジやや狭くなり、値段の差を感じさせる。


④ M-44G カモメマーク
P1100386.JPG
0319-5.jpg
  M-44G の初期の製品だ。スタイラスノブからしても、オリジナルのスタイラスだと思われる。
  製造から年々経過しているんだ?
  出てくる音は、カモメマークらしく非常に軽快で解像度の高いサウンドを聞かせてくれる。
  
⑤ M-447 再生産品
P1100387.JPG
0319-6.jpg
  M-44シリーズは人気があり、DJのブームとともに再生産された。
  カンチレバーが太いので、逆再生(ラップ)でも針が曲がらないとか言われてクラブで採用された。
  再生産品の方が低域に安定感があり、解像度は 初期生産品の方が分がある。
  印象では反対の印象だが、何度聞いても同じような傾向だ。

⑥ V-15 Type4
P1100388.JPG
0319-7.jpg
  なぜか不人気の Type4 レンジも広く、解像度も高く高品位のサウンドを聴かせてくれるのになぜだろう?

⑦ V-15 Type3 HE
P1100390.JPG
0319-9.jpg
  大人気の Type3 交換針は HE だ。
  こうやって聴くと、Type3 の良さが分かる。
  今回の組み合わせでは低域よりも高域に特徴がある。
  HE 針の効果か?

⑧ V-15 TYPE3 E(楕円仕様)
P1100391.JPG
0319-10.jpg
  通常の楕円スタイラスチップ仕様だ。
  V-15 は高級品なので、無垢の天然ダイヤモンドが採用されている。
  ⑦ より落ち着いたサウンドであり、HE と E の差を感じさせる。


⑨ M447GX
P1100475.JPG
0319-4.jpg
 M-44Gの後継だが、短命に終わった。
 M-44Gより低域に力点を置いた音作りをしていたようだ。





nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0