So-net無料ブログ作成
検索選択

カートリッジをまとめて聴く その90 [試聴日記]

① STAIN M-117
P1110505.JPG
0426_1.jpg
  針折れ品を修理した。
  独自構造の交換できる MCカートリッジ出力電圧も高く使いやすい。
  今回のキャプチャーは MM ポジションで受けている。
  ビクター のプリントコイルシリーズと音がよく似いている。
  しかし、針圧はとてもシビアでマニア向けの商品だ。

②グレースF-8
P1110507.JPG
P1110506.JPG
  オリジナルの交換針とサードパーティの交換針を比較してみた。
  オリジナル 無垢のダイヤモンドだが、サードパーティは接合ダイヤだ。

  サードパーティ
0426-2.jpg

  素晴らしいサウンドだ。
  こんなおもちゃみたいなボディからは考えられないサウンド。
  ボディはモールドだし、ダンパだけのサスペンションだし
  とても不思議なカートリッジだ。
  オリジナル
0426-3.jpg

  
  サードパーティには、差をつける。
  全ての点で高品位だ、低域の伸びが違う。
  無垢のダイヤは低域の伸びに差がでるように感じる。


 
  SATIN といい、グレースといいサウンドでは世界に誇っていいと思う。


③ テクニカ AT-92
P1110508.JPG
0426-4.jpg
  サンスイ向けのOEM品だ。
  カンチレバーはカーボンだ。
  カーボンの方が、製造コストは安いのだろうか?
  低域に厚いサウンドを聴かせてくれる。

④ ビクター MD-1016
P1110509.JPG
0426-5.jpg
  グランツからのOME供給品だ。
  ビクターとグランツは蜜月状態だったと予測される。
  グランツの製品は、安くて音もよく縁の下の力持ち的な存在だったのだろう。


⑤ エクセルサウンド ES-700
P1110756.JPG
0506_1.jpg
  エクセルサウンドは、グランツと同じくカートリッジのOEMで活躍していたメーカーだ。
  本品は、ORTHO オルソ 向けだ。
  OTTO ブランドの MG-27 もよく見かける。
  サウンドは、高域やや抑え気味だが、低域は充実しており非常に使い安いカートリッジだ。



⑦ DENON DL-103
P1110760.JPG
0506-3.jpg
  針折れ品を繋いで修理した。
  最近オークションでも 103の修理品を見かけるようになった。
  103 の修理は開口部が大きく折れる箇所も同じで難易度としてはやさしい。
  低域は図太く、解像度が高く仕上がった。

⑧ グレース F-8C
P1110761.JPG
0506-4.jpg
  グレースのカートリッジの交換針は、メガネタイプといわれる楕円ダイプと長方形タイプがある。
  F-8C C は Custum の略らしい。
  F-8シリーズはトンボと揶揄されていた。それを嫌ったのだろうか? C は長方形タイプだ。
  オモチャみたいだが本当によく出来たカートリッジだ。
  メガネタイプは、ダンパのみ、サスペンションで本機は、テンションワイヤー方式
  やはり、ぴしっと定位は決まっているような気がする。
  


⑨ ビクター MD-1016 4CH シバタ針仕様
P1120102.JPG
0515_1.jpg

  グランツからのOEM供給品だ。
  交換針を4CH仕様に変更している。
  シバタ針だけあって繊細なサウンドが楽しめる。

⑩ テクニカ AT-150E 4CH シバタ針仕様 VS 0.5milコニカル
P1120105.JPG
P1120104.JPG

  AT-150Eの針折れ品を修理した。
  4CH仕様のシバタ針の振動系をそのまま移植した。
P1120103.JPG
  非常に引き締まった低音と切れの良い解像度だ。
  やはり、シバタ針は違うと思わせる。
  オリジナルのベリリューム+楕円に比べるとややアダルト調となり、きつい高域が改善されている。
  4CH仕様
0515-2.jpg

  AT-10G系のコニカルスタイラスの振動系を移植した。
  
  交換針だけを交換した、他は全く同じ条件
  150系のサウンドとは異なる。量感はたっぷりとしており、高域のきつさはない。
  見た目のカンチレバーは同じだし、スタイラスチップだけの影響ではないかもしれないがかなりサウンドは異なる。
  あまりの違いに唖然としてしまった。
コニカル仕様
0515-3.jpg








  



nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: