So-net無料ブログ作成

スタイラスチップをクリーニングする [My Info]

中古のカートリッジを数多く見てきたが感じるのはスタイラスチップが汚いものが多いということだ。
クリーニングせず、演奏し続けると、簡単に落ちなくなる。
ヤマハ の MC-7 粒立ちの良いサウンドが特徴
スタイラスチップは、無垢の楕円ダイヤモンド
IMG_2316.JPG
汚れたままサンプリングした。

歪みはあまり感じられない。
1020-2.jpg
乾式(ブラシ)によるクリーニング
1020-3.jpg
湿式によるクリーニング
1020-4.jpg
アートナイフによるクリーニング
1020-5.jpg
おお、新品のようだ

クリーニング完了後のサンプリング

全く違ったサウンドに聴こえる。
高域の詰まった感じもなくなり、MC-7 の開放感にあふれたサウンドとなった。
クリーニング効果は抜群だ。

別固体でもクリーニング実施
1020_1.jpg
新品のようなった。
1020_1 (2).jpg


カートリッジをまとめて聴く その47 [試聴日記]

① パイオニア PC-110
② テクニクス EPC-271CS

  2つは、日本を代表するスタンダードなカートリッジだ。
  改めて聴いてみる。

  PC-110
IMG_2305.JPG
1014-2.jpg
  レンジは欲張っていない。
  低域が充実したMMサウンドが楽しめる。

  EPC-271CS
IMG_2302.JPG
1014_1.jpg
  ややレンジは狭いが、MM型らしいサウンドだ。
  安心して使うことができる。

  驚いたのは、音の傾向がそっくりだ。
  スタンダードなサウンドは似てしまうのだろうか?

③ オルトフォン OMP10
IMG_2315.JPG
  コンコルドと発電ユニットは同じようだ。
  針がついていたので、ラッキーと思ったら、レコードが滑っていく。
  ああ、チップ落ちだ。
  厳密な互換性はないが、DJ 向きの交換針で代用する。
  交換針はナガオカ製で未使用品である。
  割とレンジが広い、サウンドが楽しめる。
  音場はやや狭いかな?
  


④ パイオニア PC-330E
IMG_2318.JPG
1020-2.jpg
  PC-330 の楕円仕様のカートリッジだ。
  茶色は楕円、緑は丸針仕様だ。
  スタイラスチップはほぼ新品で、非常に状態が良い。
  細いカンチレバーと楕円スタイラスチップで、広い音場と解像度を実現している。



⑤ SHURE M111E
IMG_2321.JPG
1020_1.jpg
 T4P対応の最終発電ユニットを搭載した M111E のローコスト版
 スタイラスチップの差と思われる。
 SHURE らしい、低域に厚みのあるサウンドだ。
 解像度は欲張っていない。安心して聴けるピラミッドサウンドだ。



⑦ テクニカ TT-30(YAMAHA MC-703)
IMG_2344.JPG
1024_1.jpg
  これも針交換型MCカートリッジのOEM版だ。
  当時は MC ブームで付属品のプレヤーにもけっこう採用されていた。
  本機も YAMAHA のプレヤーの付属品だ、接合針だが、スタイラスチップは楕円を採用している。
  解像度が高く、非常に明るいサウンドだ、カルフォルニアサウンドだ。
  音場も広い。
  波形からもダィナミックレンジが広いことがわかる。
IMG_2302.JPG
  付属品にはもったいない。
  

⑧ YAMAHA MC-9
⑨ YAMAHA MC-11

  DENON のエンジニアが引き抜かれて YAMAHA のカートリッジを立ち上げた。
  MC-9 と MC-11 は共通点が多い。

  サウンドを比べてみた。
  MC-9
IMG_2349.JPG
1101-2.jpg

  非常に広いレンジで、ゆったりとしたサウンドだ。
  解像度も素晴らしい。
  低域の量感もきちんと再現できている。
  MC-11
IMG_2350.JPG
1101-3.jpg

  MC-9 より若干ヤング向けのサウンドなっている。
  元気が良い。
  高忠実という点では MC-9 の方が上回っているようだ。
  ここまで、コントロールしていたのか疑問だ。
  固体差、ヘッドシェルの差のように感じる。




テクニクス SL-MA1 を聴く。 [試聴日記]

状態が非常に良い、SL-MA1を手に入れた。
IMG_2280.JPG
IMG_2278.JPG

このプレヤーは、非常にお買い得だったと思う。
アームのパイプにボロンコーティングが採用されている。
IMG_2276.JPG
カタログでは訴求していない、不思議だ。
アームはジンバルサポートでも電子制御&フルオート
フルオートの音質劣化は少ないだろう。

① DL-103LC のサウンド
  広い音場、高い解像度、高域の切れどれをとっても素晴らしい。
  ハーモニーも綺麗に表現できている。定位が若干ボケ気味。
  数倍はする高級機と比べても大きな差はない。
  プレヤーシステムのポテンシャルは高い。
  安いプレヤーに、高いカートリッジをつけても真価を発揮できない場合が多い。
  DL-103LC の良さが十分出ている。

② AT-10Gのサウンド
  スタンダードなサウンドで、AT-10Gらしいサウンドである。
  低域が厚く、ピラミッドサウンドだ。
  解像度や高域の切れ音場感は、一歩後退

カートリッジの違いがこれだけ分かりやすいプレヤーは珍しい。