So-net無料ブログ作成

カートリッジをまとめて聴く その75 [試聴日記]

① テクニカ VM-35
② テクニカ AT-84E
P1050836.JPG
P1050835.JPG
P1050834.JPG

 ①は、VM-3の派生機種だ。AT-84E は海外向けモデルと思われる。
 どちらも VM-3 と同じくスタイラスチップは、無垢のダイヤモンドだ。
 音はワイドレンジで、解像度も高い、AT-84E の方がやや細身に聴こえるがシェルの影響か
 ローコストモデルとは思えないサウンドだ。

VM-35
0924_1.jpg

AT-84E
0924-2.jpg

③ テクニカ AT-120Ea
P1050830.JPG
0924-3.jpg
 100 シリーズのローコストモデルだ。
 実際は AT-150 か AT-120 だけが売れていたよう思う。
 山積みされているモデルは AT-120 だった。
 冷静に考えてみると内容からしても非常にお買い得なモデルだった。
 無垢のダイヤモンドで、サウンドも上級機に引けを取らないサウンドだ。

④ オルトフォン OM-10
P1050831.JPG
0924-4.jpg
 LH-10シリーズの派生機種だ。
 ややレンジは狭いようだが、安心して使える。
 針圧は2g程度印加した方がいいようだ。

⑤ パイオニア PC-110
P1050832.JPG
0924-5.jpg
  スタンダード的なカートリッジだ。
  パイオニアのプレヤーの付属カートリッジとして幅広く使われた。
  安定したサウンドが楽しめる。

⑥ スタントン 681EE
P1050833.JPG
0924-6.jpg
 型番は今一分からないが、文字が赤、スタイラスチップが無垢のダイヤであることら推測すると
 681EEではないかと思われる。
 ワイドレンジで、DJ向けではなく一般のHi-Fi向けとして十分使える。



⑦ パイオニア PC-20
P1050906.JPG
0925_1.jpg
  PC-10 シリーズの最終形?
  年代を感じさせない、ワイドレンジだ。
  ややアダルト調のサウンドで、安定したサウンドを聴かせる。
  解像度も高い。

⑧ パイオニア PC-330
P1050907.JPG
0925-2.jpg
  70年代後半の高級機のプレヤーの付属カートリッジだ。
  ⑦ より更にワイドレンジ化が計られ、よりフラットなサウンドだ。
  このサウンドなら高級機に組み込んでも違和感はない。

⑨ ビクター MD-1016
P1050908.JPG
0925-3.jpg
  このカートリッジはかなりポテンシャルがあるとようだ。
  低重心で、非常にレンジも広いし解像度が高い。

⑩ テクニカ AT-12E
P1050909.JPG
0925-4.jpg
  さすがテクニカサウンドといった感じで、音場が広く高域の切れも抜群だ。
  日本のHiFiカートリッジの見本といったところだろう。


 


  






カートリッジをまとめて聴く その74 [試聴日記]

① テクニクス EPC-205CII
P1050646.JPG
0919_1.jpg
  大ベストセーラー EPC-205MKIII の前身機
  テンションワイヤー方式のサスペンションで、ワイドレンジで高解像度のサウンドが楽しめる。

② テクニカ AT-E50
P1050647.JPG
0919-2.jpg
  新シリーズはあまり人気が出ないで終了してしまった。
  針折れ品を入手したが、振動系を入れ替えて再生した。
  ① と比べるとやはり解像度が少し落ちるが、明るくてヤング向けのサウンドだ。

③ B&O MMC-20E
P1050648.JPG
0919-3.jpg
  非常に独特のサウンドだ。低域の重視のサウンドで、刺激的な音は聴かせない。
  非常に落ち着いたサウンドだ。


④ オルトフォン 320
P1050649.JPG
0919-4.jpg
  T4P 規格のカートリッジだ。何回か聴いたことがあるがこの固体もワイドレンジで解像度高い。
  現代的なサウンドを聴かせてくれる。

⑤ エンパイア 2000E
P1050650.JPG
0919-5.jpg
  チップ落ち品をカンチレバーで繋いで修理した。
  明るく元気が良く、ヤング向けのサウンドを聴かせてくれる。

⑥ テクニカ AT-32EII
P1050651.JPG
0919-6.jpg
  長岡氏推薦のカートリッジ、AT-33Eを凌いだかもと評価していた。
  AT-33E ハイ上がりドンシャリのサウンドだが、本機はワイドでフラットで癖が無い。
  ワイドレンジで AT-33E とは違った方向のサウンドだ。



⑦ ピッカリング HiFi-EP
P1050759.JPG
0922_1.jpg
  オルトフォンとデザインは良く似ている。
  支柱も全てモールドである。ややレンジを抑え気味だが、安心して使えることができる。

⑧ テクニカ AT-15Ea
P1050762.JPG
0922-2.jpg 
  ⑦と比べると、やはりワイドレンジで、解像度も上がっている。
  さすが高級カートリッジといった感じだ。やはりややアダルト調のサウンド傾向だ。

⑨ オルトフォン VMS-10MK2
P1050760.JPG
0922-3.jpg
  VMS シリーズのエントリーモデルだ。
  緑の色もモールドが安っぽく見えない。欧州の人のセンスがいいのだろう。
  ⑧ より低域の量感とか芯がしっかり再生できている。解像度はやはり日本製のテクニカの方が上だ。

⑩ オルトフォン M20FL SUPER
P1050761.JPG
0922-4.jpg
  ボディが黄金色で高級感がある。ダンパがややヘタリ気味だが、1.5g で胴体着陸することなく、
  問題再生できる。
  スタイラスチップは特殊楕円であることが良くわかる。カタログにはファインラインと書かれている。
  かなり情報量が多いサウンドだ。解像度も高めだが、量感はやや寂しい。



CD-4 対応カートリッジを聴く [試聴日記]

CD-4 対応カートリッジを聴く聴いてみた。

高域の規格をクリアするために シバタ針か特殊楕円が採用されていた。

Lo-D 型番は不明だが グランツからのOEM 供給品だ
P1050519.JPG
0917_1.jpg
ワイドレンジで音場が広い。高域の切れも良く、歪み感はなし。
素晴らしいサウンドだ。


ビクター 4MD-1X
P1050510.JPG
0917-2.jpg

Lo-D とごこからどう見ても同じモデル。
P1050425.JPG
P1050426.JPG
P1050526.JPG
P1050527.JPG
スタイラスチップは微妙に違うようだ。
音の傾向も同じで、ワイドレンジで解像度もすばらしい。
ヘッドシェルの影響か量感はこちらの方が優れている。


テクニクス ECP-441
P1050511.JPG
0917-3.jpg
EPC-270 に 4CH対応のシバタ針バージョン
こちらも、ワイドレンジで音場も広い。
ややゆったりとしたエレガントなサウンドとなっている。

4CHとの違いを見るために

ビクター MD-1016 0.5mil 丸針バージョンも参考に聴いてみる。
P1050512.JPG
0917-4.jpg
出力はやや高めだ、やはりやや解像度は抑え気味で中域、低域が充実している。





 

カートリッジをまとめて聴く その73 [試聴日記]

① ビクター X-1II/E
P1050437.JPG
0911_1.jpg
  以前も聴いたことがあるが、ビクター X シリーズは本当に良くできている。
  テクニカと音質面では対等に戦える。
  おそらく、グランツからのOEMだろう。
  Z-1系とは違った良さがある。
  高域の切れ、解像度は文句なし、ワイドレンジで定位も良い。

② オルトフォン VMS-30MK2
P1050442.JPG
0911-2.jpg
  かなりゆったりとした、アダルトのサウンドだ。
  高域がだれることがなく、芯のしっかりしたサウンドだ。
  雰囲気も良い。さすが高級機といったところだ。

③ パイオニア PC-16
P1050439.JPG
0911-3.jpg
  PC-330 の前機種だ。①と②と比べると解像度は若干落ちる。
  レンジもやや狭い、バランスが良く聴き疲れないサウンドを聴かせてくれる。

④ SONY XL-15
P1050438.JPG
0911-4.jpg
  交換針は、オリジナルだ。オリジナルの意味は改造したり、修理したりしているので意図的に記載している。
  本品のダンパは問題なく使える。
  高域の切れは抜群で、解像度も高い、やや量感が抑えられている。好みが分かれるところだ。
  非常に自分好みだし、高級機に入れても違和感はない。

⑤ テクニカ AT-14Sa
0911-5.jpg
  古くて新しいシバタ針、なんで止めてまた復活したのだろうか?
  シバタ針は傾向的にややアダルトな方向に行くように感じる。
  ④を聴いた後なので余計そう感じるが、非常にゆったりとして、優雅なサウンドである。
  リッチなサウンドが楽しめる。

⑥ テクニカ AT-15Ea
P1050440.JPG
0911-6.jpg
  ヘッドシェルにアルミブロック削り出しの T-17を選択した。
  ⑤ より更にゆったりとした、貴族のサウンドといった感じだ。
  立ち上がりは早く、高域がうるさくなることもない。
  T-17 との相性はいいようである。


⑦ パイオニア PC-330
P1050513.JPG
0917-5.jpg
 PC-330:高級プレヤーの付属カートリッジ
 PC-110:普及プレヤーの付属カートリッジ
 として長く、沢山投入された。

 PC-330はややアダルトタッチだが、高級機に組み入れても違和感なく使える。


⑧ Lo-D MT-24

P1050606.JPG
0919-2.jpg
  本品は、グランツからのOEM供給品だ。
  ビクターのZ-1Sと発電ユニットは同じで、上部モールドだけが異なる。
  音場も十分広く、Z-1Sと同様に高品位のサウンドが楽しめる。

⑨ テクニカ AT-10G
P1050608.JPG
0919-3.jpg
  日本のスタンダードカートリッジ。
  OEMも含めたら、出回っている数は多い。
  最近型が壊れて製造中止になったらしい。
  再生産はしないのだろうか?

  安心して使用できるカートリッジだ。

⑩ AKG PU-3E
P1050610.JPG
0919-4.jpg
  非常にレトロというかクラシックな製品だ。
  とても保存状態はいい。
  ややレンジは押さえ気味だが非常にゆったりとしたアダルトチックなサウンドだ。
  ELAC 製品のサウンド似ている。日本製品にはない独自のサウンドだ。