So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

カートリッジをまとめて聴く その95 [試聴日記]

① ビクター MC-100EII
P1150721.JPG
0812_1.jpg
  BL-91Gで聴いてみた。
  久々にBL-91Gを使うとGT-2000との差が良くわかる。
  BL-91G はやさしいサウンドで、GT-2000はシャープなサウンドであることがわかる。
  なんとなく、これがベルトドライブの良さなのかと感じる。
  当初のこのカートリッジはテクニカからのOEM供給だと思っていたがグランツからの
  OEM供給品のようだ。
  このカートリッジの中古は、例外なくダンパがほぼ飴状になっている。中古は注意が必要だ。
  本品は、問題なく機能している。サウンドはMC型らしく解像度の高いサウンドが楽しめる。

② ビクター MC-100E
P1150722.JPG
0812-2.jpg
  QL-Y33F が MC-100E その後継のQL-Y44F が 100EII だった記憶している。
  針の互換性もあるし、モールドの調色を変えただけのようだ。
  サウンドも同じような傾向だ。当たり前か?
  これだけのサウンドが、付属カートリッジで楽しめれば十分だろう。

③ ピッカリング DJ-150
P1150724.JPG
0812_4.jpg
  XV-15シリーズの派生機種で、超ロングセラーだ。
  DJ向けということになっているが、普通に使える。
  解像度はやや譲るが、ハーモニーにキチンと分離しているし良くできたカートリッジだ。

④ SONY XL-45
P1150725.JPG
0812-3.jpg
  デッドストック品を入手した。
  当時はあまり話題にもならなかったと記憶している。
  サウンドは、一定レベルは超えているが、覇者となるほどの、競争力はなかっただろう。



⑤ YAMAHA MC-9
P1150977.JPG
0814-4(1).jpg
 確か当時 1万9千円 これは DL-103 当時 1万9千円 をおもっきり意識した根付けだ。
 DENON の技術者がヘッドハンティングされて立ち上げたらしい。
 サウンドは計測器のようなサウンドだ。とても正確でまじめ印象だ。

⑥ YAMAHA MC-5
P1150980.JPG
0814-5(1).jpg
  針折れ品を、ナガオカ製 原音カンチレバーで修理した。
  MC-7 と良く似たサウンドに仕上がっている。
  まじめなサウンドといった印象だ。
  見本と刻印されており、おそらく店頭向けのサンプルだったのだろう。
  販売しないように、見本と刻印したのだろう。
  
⑦ オルトフォン LN-20
P1150978.JPG
0814-2(1).jpg
  針付を入手したが、ダンパがフニャフニャで、胴体着陸だ。
  手持ちの交換針を探したら、MBシリーズ向けの純正交換針を見つけた。
  それを装着して復活。
  MC型と比べる尖ったサウンドというより、安心できるサウンドといった感じだ。

⑧ テクニカ AT-120E
P1160431.JPG
0820-2.jpg
 100シリーズの入門モデル、後のAT-100E は接合楕円ダイヤだが、120E は無垢の楕円ダイヤだったと記憶している。
 サウンドはとてもバランスが良く、ハーモニーの分離も良い。
 当時のベストセラーだ。

⑨ パイオニア PC-110
P1160432.JPG
0820-3.jpg
 プレヤーの付属カートリッジの代表機種だ。
 レンジは欲張っていないが、MM型らしい安定感のあるサウンドが楽しめる。

⑩ パイオニア PC-15
P1160433.JPG
0820-4.jpg
 ベルトドライブ時代の付属カートリッジの代表機種だ。
 傾向的には PC-110 に似ている。
 本品はテクニカからのOEM供給品だ。
 MM型らしいサウンドが楽しめる。
 
   




nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。